THE VOLVO LIFE JOURNAL

暮らしを自分らしく愉しむ人へ。
ボルボのプレミアム・ライフスタイル・マガジン。

日本の魅力を再発見!Vol.1

May 10, 2017

いよいよレジャーシーズン。ボルボとともに
日本の未知なる魅力を探求するドライブへ。

北欧の長く厳しい冬が終わり、人々が心待ちにしていた春がやってきました。
これからの季節、スウェーデンでは家族みんなで
自然の中へ繰り出し、冒険旅行を愉しみます。
日本にもまだ、あなたの知らない魅力的なスポットが数多くあります。
この記事では、ボルボが厳選した6つのドライブエリアを3回に分けてご紹介。
美しいスカンジナビアン・デザインと道を選ばない走りを併せ持つ
ボルボのクロスカントリー・モデルで、薫る風の中を冒険に出かけませんか。

<熊本県・菊池市>

天然水の宝庫 熊本に「日本有数のホタルの里」を発見。

清流を眺めながら自転車で水めぐり

熊本市から国道387号線を走って約1時間で、のどかな田園風景が広がる菊池市。ここで体験したいのは、菊池渓谷を源とする清流、菊池川を眺めながらの「水めぐり」サイクリングです。

きくち観光物産館を出発し、肥後熊本藩主・加藤清正公によって築かれた水路である築地井手、赤星井手。樹齢数百年の杉の根元から水が湧き出る清水水源を経由して、前川水源でひと休み。新鮮な湧き水が、汗をかいた体に染み渡ります。

七城(しちじょう)温泉ドームで名物の七城米アイスを味わい、市の特産品メロンの形をした七城メロンドーム、そしてゴールのきくち観光物産館でお土産を購入。約2時間の爽快なサイクリングです。

ロマンティックな光の舞いを鑑賞

家族と一緒なら、「イデベンチャー」。幅が広く、流れも穏やかな菊池の井手(水路)をカヌーに乗って下ります。橋やトンネルをくぐり抜け、まわりに広がる自然を満喫する冒険のひととき。

夕暮れどきには、クルマに乗って旭志(きょくし)地区へ。ここは「日本有数のホタルの里」と呼ばれており、5月中旬から6月上旬にかけて二鹿来川(にかきがわ)、渡瀬川(わたせがわ)で、ゲンジボタルの光の舞いを愉しめます。その幻想的な美しさが、あなたの心を癒すことでしょう。

<千葉県・君津市>

都心から約1時間。ハートをキャッチする恋人たちの聖地へ。

カメラを片手に美しい渓流を散策

そこは、SNSに投稿された1枚の写真から国内外で大きな話題となった、幻想的なパワースポット。館山自動車道の君津ICからクルマで約45分の「清水渓流広場 濃溝(のうみぞ)の滝」です。約350年前の川の流れを変える工事で削られた岩盤の高低差が滝になったもの。

季節によっては差し込む朝日がまるでスポットライトのように美しく水面を照らし、反射した光がハートの形を描き出すことから、多くのカップルや女性グループなどで賑わっています。

昼食は、滝のすぐそばのレストラン「風鈴堂」で。君津市の特産品「永光卵(えいこうらん)」を使った濃厚な味わいのオムライスを堪能できます。

静かな湖の上は二人きりの世界

その後は、日帰り温泉施設「濃溝温泉 千寿の湯」でリラックス。
源泉掛け流しで、肌がしっとりする美肌の湯として知られています。さらに、少し足を伸ばして笹川湖(片倉ダム)へ。2000年に多目的ダムとして完成し、周辺には公園や観光施設が整備されています。レンタルボートで湖へ漕ぎ出せば二人きりの世界。豊かな自然に包まれて、ゆっくり会話を愉しめます。

笹川湖展望台から、ちば眺望100景になっている絶景を眺めるのもお勧めです。近くの「道の駅 ふれあいパーク・きみつ」には、その日の朝に収穫された四季折々の野菜をはじめ、房総のお土産品がずらり。どれにするか二人で迷うのも、うれしいひとときです。

さぁ、ボルボの
クロスカントリーモデルで
出かけよう。

アーバン・クロスオーバー

V40 Cross Country

T字型のLEDヘッドライトをはじめとする、新時代のボルボデザインをまとったコンパクトボディに、多彩な目的に応える機能性や実用性とオールラウンドな走りを凝縮。
毎日を生き生きとアクティブに愉しみたい人のパートナーです。

TOP

UP

ボルボの最新情報や
キャンペーン情報をお送りいたします。