THE VOLVO LIFE JOURNAL

暮らしを自分らしく愉しむ人へ。
ボルボのプレミアム・ライフスタイル・マガジン。

VOLVO OWNER’S INTERVIEW

September 21, 2017

クルマには、通常のラインナップとは違う「限定仕様」が存在します。
所有する喜びをさらに高めてくれるスペシャルな1台。

今回は高級皮革ブランドとコラボした『ボルボ S90ロイヤル エルメス』にお乗りの医療法人 蔦会 理事長 井上宏司先生にお話を伺いました。インタビュアーは、自動車専門誌を始め、テレビやラジオ、インターネットメディアなど幅広くご活躍中で、女性ならではの視点による解説も人気のモータージャーナリスト藤島 知子さんです。

藤島さんボルボとは大変長いお付き合いだと伺っております。最初に所有されたボルボについてお聞かせください。

井上先生私がはじめてボルボに乗ったのは1972年。1971年式のP1800E、真っ赤な2シーターのスポーツクーペでした。デザインをイタリアのピエトロ・フルアというデザイナーが手掛けたんですね。医者になりたての当時の私には、とても高価な買い物でした。丸くてテールフィンがあり、大きな口を開けたグリルのデザインに一目惚れでした。世界で累計48,000台も生産されたクルマです。
デザインが可愛くて、“車”というよりも、こどものおもちゃの“ブーブー”のほうが似合う、そんな一台でした。ところがこの“ブーブー”は姿形に似合わずなかなかの“じゃじゃうま”でした(笑)。低い車高で乗り込むのが一苦労。シートポジションが低いから前方視界もいまひとつで、ハンドルもブレーキペダルも重く、なおかつ左ハンドル。運転は大変でした。エアコンもないので夏は猛暑地獄でしたね。ところが不思議なもので、クセがわかってくると運転が楽しくなってきて、慣れれば掛け替えのないものになっていく感じでした。日本でほとんど同じクルマも見かけないですし、“じゃじゃうま”は私には自慢の愛車となりました。

藤島さん他にはない個性にどんどん引き込まれていったのですね。機会があれば私も一度P1800のハンドルを握ってみたいです。

井上先生P1800 は大きなトラブルもなく快調に走っていたのですが、屋外駐車場で雨ざらしだったのでさすがに長年乗っていると塗装に艶がなくなったように思え、一念発起してボディの塗装もやり直したりして、結局13年乗り続けました。
この愛する車との最後は42才の厄年のときだったのですが、霧のかかった小雨の降る国道で目の前にオートバイが飛び出してきた。もう間に合わない、と対向車線にはみだして、かろうじてオートバイを避けたのですが、眼前にはトラックがいて・・・。一瞬のようなスローモーションのような、もう避けることはできない、ガシャーンと大音響がしました。これで終わりだ・・と遠のく意識の中に、突然一条の光が挿し、人の声が聞こえました。
愛車は無残な姿になり、当然全損事故になったのですが、私はドアを開けて普通に外に出ることができました。こうして愛車は13年の生涯を閉じ、身を挺して私の命を救ってくれました。
あとで聞いた話ですが、その頃、日本国内でボルボに乗車して死亡した例はまだ1件もなかったそうです。私が隠れた大記録を止めずにホッとしたのと同時に、高い安全性を認識させてくれた出来事でした。

藤島さん大切なP1800Eが先生を守ってくださったのですね。ボルボは高い安全性のイメージがありましたが、先生の当時のエピソードからもそれが証明されているようです。その後「S90 ロイヤル エルメス」との出会いがありました。このクルマは素晴らしい内装が特徴だと思いますが、特別な一台に巡り合うきっかけは何だったのでしょうか。

井上先生最初にボルボP1800を買ったのは、東京のディーラーでしたが、その後水戸に来てからは水戸のボルボディーラーにお世話になっていて、1997年9月に突然電話がかかってきました。「先生、エルメス仕様のボルボを買いませんか」と。突然の電話に「なんのことなの?」と聞きなおしましたよ(笑)。
ボルボ最後のFR駆動方式で、スウェーデン本国で生産し、そのボディをフランスに持込み、内装をエルメスが担当。最終記念限定車として日本では30台という話でした。なにしろエルメスといえば日本の女性達の間でもトップクラスのブランド。フランスまで自動車を運んで内装を行うという希少性。もちろん値引きはなし。しかし先立つものがない。「ちょっと考えさせてください」とだけ言って、電話を切りました。
命を救ってくれた一台に安全への信頼があったし、ボルボの安全性への地道な取り組みにも感じ入るものがありました。結局、「やっぱり買うことにします」と電話をして、納車は1998年の4月になるということでした。
その後ディーラーの社長から電話がかかってきました。「先生、大変だよ、今、空の上だって!」

藤島さん空の上で何があったのでしょう?気になります。

井上先生おどけてからかっているような社長の笑顔が目に浮かんだのですが、冗談ではありませんでした。私の車は日本への納車第1号を記念して、通常は船便ですが特別に空輸を使っていただき、クリスマスプレゼントとして届けられるという粋な計らいだったのです。もっとも、自分で払うのですから、プレゼントとはいえませんがね(笑)。1997年12月24日に、ディーラーの社長直々に白手袋で運転して納車してくれました。
色も上質なオフホワイト、バーチウッドを使った内装はさすがエルメス。仕上がりは丁寧で素晴らしい手触り、座り心地でした。身体に当たる位置でシートの革素材を全て変えてあったり、エルメスの傘、銀のキーホルダー、シート地と同じ革の車検証ホルダーもセットで、所有する満足度は非常に高かったです。

TOP

UP

ボルボの最新情報や
キャンペーン情報をお送りいたします。