THE VOLVO
LIFE JOURNAL

北欧女子オーサのマンガ『ニッポン発見紀行』 ノーベル賞の日! 2020/11/25

スウェーデンで生まれ育ち、現在は日本で漫画家として活躍しているオーサさん。
オーサさんが見つけた日本とスウェーデンの文化や風習の違いをマンガで楽しくご紹介します。

ノーベル賞の日!






オーサさんイラスト

皆さんはノーベル賞をご存知だと思いますが、簡単に説明すると、アルフレッド・ノーベルという昔のスウェーデン人が作った有名な章です。ダイナマイトを発見したノーベルさんは超お金持ちになりましたが、後継ぎがいなかったのでそのお金を使って偉大な発明をしたり、優れた作品を作った人に賞を贈るように遺言を残したのです。
5つの分野(物理学、化学、生理学・医学、文学、平和)と後に追加された経済。日本人は受賞数がとても多くて1949年以外、28人ほど受賞したそうです。さすが日本ですね!






オーサさん写真

オーサ・イェークストロム

スウェーデン出身。子どもの頃、アニメ『セーラームーン』と漫画『犬夜叉』を知って漫画家になることを決意。スウェーデンでイラストレーター・漫画家として活動後、2011年に東京へ移り住む。2015年、コミックエッセイ『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』(KADOKAWA)を発売。好きな食べ物はラーメン。一番好きなアニメは『少女革命ウテナ』、一番好きな漫画は『ナナ』。

ブログ:「北欧女子が見つけた日本の不思議」
ツイッター:@hokuoujoshi